Netflix配信映画『ゲームオーバー!』あらすじ・感想:くだらなさに笑ってくれ!!

ゲームオーバー!

これぞNetflix配信映画!劇場やテレビでは絶対に観ることができないNetflixならではの映画『ゲームオーバー!』

 

ホテルを占拠したテロリストに、おバカな3人の男たちが立ち向かうというアクションコメディ。

とにかくくだらなさが満載の映画です。

下品でも、グロテスクでも大丈夫!くだらなさ最高!

という人は絶対に楽しめるNetflixオリジナル作品です。

映画『ゲームオーバー!』

【原題】GAME OVER, MAN!

【監督】カイル・ニューアチェック

【公開】Netflix配信2018年3月23日

【出演】アダム・ディヴァイン/アンダーズ・ホーム/ブレイク・アンダーソン/ロックリン・マンロー/ニール・マクドノー

『ゲームオーバー!』のあらすじ

アレックス、ダエン、ジュエルの3人は高校の同級生。

高級ホテルの客室係りを務めながら、いつの日か大金持ちになることを夢見ていました。

 

そんなある日、大金持ちのラッパー、ベイがホテルでパーティを開くことに。

早速3人はベイに投資をしてもらおうと、自分たちの開発したスキンテンドースーツというゲームを売り込みに行きます。

 

しかしその頃ホテルにはベイの持つ大金を狙うテロリストたちが潜入していました。

3人は何とかテロリストから逃れますが、ベイを始めとするホテルの宿泊客や従業員がテロリストの人質になってしまいます。

そしてテロリストはホテルを封鎖し、次々と人質を殺していきます。

 

そこで3人は人質を救おうと一発奮起しますが…

果たして無事人質を救うことができるのでしょうか…

『ゲームオーバー!』の感想と見どころ

コメディを超えたグロテスクとバイオレンスのオンパレード!

3人のおバカな男たちがテロリストから人質を救うためにドタバタ劇を繰り広げる愉快なコメディ映画だと思ったら大間違い!

蓋を開けてみればグロさ満載のハードなバイオレンスのオンパレードだったという「ゲームオーバー!」。

 

ショッキングなシーンは、男性のとんでもないところが切り落とされるというシーンから始まり、頭は吹っ飛ぶわ、顔はスライサーで削られるわ、体はバラバラスプラッタ状態になるわという痛くてエグいシーンのオンパレード。

しかもその度に血もドバドバと飛び散ります。

おまけに緊張感のない中での、いきなりのグロテスクな殺人シーン。

シン

グロテスクやバイオレンスが苦手な人は要注意です!

振り切ったバカバカしさとくだらなさ。これって笑える!?

アレックス、ジュエル、ダエンのおバカ3人組。

そのバカさ加減がくだらなさすぎて、笑いを通り越して呆れるほど。

 

例えばアレックス。

テロリストと戦うためにとった作戦が、なぜか下半身丸出しの首吊り姿。

それでテロリストの目を欺こうとするバカバカしさ。

なぜ??

そして俺だけまだ誰も殺していない!と駄々をこねたり、スキンテンドースーツの開発から仲間外れにされていたことを根にもち、ジュエルとダエンが考えた人質救助の作戦をわざと台無しにするといった具合。

人質救助するんじゃなかったの?と思わずツッコミたくなりますが、アレックスはそんなことにはおかまいなし。

 

そしてとうとう言い争いを始める3人。

その言い争いも低次元w

最後には口だけで止まらず、銃でお互いを撃ちあうという始末。

とにかく3人のやること、言うことがくだらなくて、そのバカへの振り切り方が逆にあっぱれと思うほどです。

 

ちなみにアレックスを演じるのは「ピッチ・パーフェクト」のアダム・ディヴァイン。

【ネタバレあり】映画『ピッチ・パーフェクト』あらすじ感想:

過去にはザック・エフロン共演のコメディ「ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行」にも出演。

今大注目のコメディ俳優です。

おバカぶりではテロリストも負けてない!?

主役の3人もおバカだけど、テロリストたちも結構なおバカぶりです。

物語の序盤、警備員を殺し、悪の雰囲気満載でホテルに乗り込んでくるテトロリストたち。

しかし話が進むうちに徐々におバカぶりを発揮してくれます。

 

まずは2人の強そうなテロリストの男たち。

どうやらゲイという設定。

アレックスたちを殺しに来たホテルの部屋で、「お前が心配なんだ」と見つめあったと思ったらいきなり始まるラブシーン。

シン

このシーンには結構笑いましたw

 

そして登場から強烈な印象を残したクールビューティな殺し屋アルマ。

そんなアルマに恨みのありそうな強面のテロリスト。

気を失ったアルマに「この時を待ってたぜ」とばかりにニヤリ。

一体何を?と思ったら、アルマのおでこに落書き。

しかもウンチの絵…

なんて低次元な仕返し…

 

そしておでこに落書きを残したままのアルマが、アレックスたちに「ようこそ私の戦いの場へ」と凄んでみせるのですが、おでこの落書きが何ともマヌケなアルマに笑ってしまいます。

 

このアルマを演じたのはローナ・ミトラ

スタイル抜群でアクションシーンも決まっていました。

凄みのあるクレイジーでクールな殺し屋の雰囲気を醸し出していて、落書きさえなければ…とちょっと残念でした。

ローナ・ミトラの出演作には「パーフェクトルーム」、主演を務めた「ドゥームズデイ」などがあります。

『ゲームオーバー!』のまとめ

殺人シーンはグロテスク٩(͡๏̯͡๏)۶

そしてハードなバイオレンス。

下ネタ、ゲイネタ、くすりネタ。何でもありの「ゲームオーバー!」。

でも一番の魅力はくだらなさ。

このくだらなさを楽しめる人には本当におススメの映画です。

 

仲間割れしながらも、最後には愛してるぜ!と言い合うおバカな3人組がいつの間にかくせになる、そんな作品です。

そいでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA