ディズニー映画『実写版 シンデレラ』ネタバレ・あらすじ感想:大人が見ても感動できる映画

実写版シンデレラ

ガラスの靴。

この単語を聞いて誰もが同じ人物を思い浮かべるのではないでしょうか?

そう、シンデレラです。

古くから親しまれたお話ですが、2015年にディズニーが実写映画としてリメイクした「シンデレラ」

実写版「シンデレラ」は愛と勇気をテーマにし男女のラブストーリーでありながら、登場人物の心情を考えて作り込まれた大人も楽しめる映画でした。

実写版『シンデレラ』のあらすじ&ネタバレ

エラは空想が好きな少女でした。優しい父親と母親に愛され、とても幸せな日々を過ごしています。

しかし、エラが幼い頃に母親は病にふし、遺言としてエラに勇気と優しさを持つことの大切さを教えます
母親の死は、悲しみをエラに与えましたが、時と共にそれも癒えていきました。エラは母親の遺言を守り、勇気と優しさを忘れず毎日を幸せに送っていました。

父親は新しい幸せを求め、再婚したいとエラに伝えます。エラも父親の幸せを願い、それを快く受け入れます。
そして、新しい家族が来る日が訪れます。まま母であるトレメイン夫人はとても洗練された感性と美しさを持つ人でした。派手好きなトレメイン夫人は毎日パーティーを開きます。

ある日、父親はまた仕事で旅に出かけることになります。父親が家を出た後、すぐトレメイン夫人はエラを彼女の部屋から追い出し屋根裏部屋で過ごすことを命じます。

トレメイン夫人達と上手くいかないエラの楽しみは父親からの手紙でしたが、父親が旅先で亡くなったと知らせがきます。
トレメイン夫人は倹約のために使用人を辞めさせました。そして、夫人と娘のアナスタシアとドリゼラはだんだんエラを娘ではなく使用人のように扱うようになっていきました。屋敷の中で唯一のエラの味方はネズミ達だけでした。

やがて季節は巡り冬になります。冬になると屋根裏は風が冷たく、エラは暖炉の前で寝る時もありました。
ある日の朝、エラは顔に付いた灰をトレメイン夫人達に指摘されます。そして、灰被りのエラという意味の「シンデレラ」という呪いのようなあだ名を付けたのです。

トレメイン夫人達のいじわるのせいでエラは耐えられず馬に乗り森を走ります。そして、エラは森の中で王子に出会うことになるのです。王子は自身の名前をキットと名乗り城で見習いをしていると言います。美しく優しさに溢れるエラに惹かれます。王子はエラに名前を聞きますが、先程付けられたあだ名のせいなのかエラは名のることはしませんでした。

王子はエラを花嫁にしたいと国王である父親に話しますが、名前が分からないので舞踏会に国中の娘を招待することにします。
舞踏会の話を聞き、トレメイン夫人とアナスタシア、ドリゼラは歓喜し、王子を射止めることを考えます。エラもキットに会えると喜びますが、夫人はエラを行かせるつもりはないと言われます。

そして、舞踏会当日を迎えます。

エラは自分で作ったドレスを着て、トレメイン夫人達と一緒に舞踏会に行きたいと言いますが、彼女らにエラのドレスをわざと破かれ行けないようにされてしまいます

ドレスを破かれたショックで庭で泣くエラに1人の老婆が話しかけます….

実写版『シンデレラ』のキャスト

エラ/シンデレラ…リリー・ジェームズ
本作の主人公。

エラの父親…ベン・チャップリン

エラの母親…ヘイリー・アトウェル

トレメイン夫人… ケイト・ブランシェット
まま母。

ドリゼラ・トレメイン…ソフィー・マクシェラ
エラの義理の姉。

アナスタシア・トレメイン…ホリデイ・グレインジャー
エラの義理の姉。

キット王子…リチャード・マッデン

国王…デレク・ジャコビ

大佐… ノンソー・アノジー

大公…ステラン・スカルスガルド

フェアリー・ゴッドマザー…ヘレナ・ボナム=カーター

実写版『シンデレラ』の感想

おとぎ話が原作ですが、実写版「シンデレラ」は一人一人の心情や背景が緻密に練られていて、大人が観ても感動する映画になっていました。

映画の冒頭では、幼少期のエラの母親とエラの場面が沢山あります。病でもう長くない母親が必死に幼いエラに語りかける場面ではエラのこれからの人生を想う母親の強さが見えました。エラの母親が優しさを持った人であるからこそ、それを見ているエラが思いやりのある優しい性格になったのだと分かります。

 

それとは対象的に、トレメイン夫人がなぜエラに意地悪してしまうかも観ていて感じることができました

若いうちに夫を亡くし再婚するしか娘達を養えない状態で彼女も必死に生きているのが分かります。

それと同時にエラの父親から母親似のエラが愛を一身に受け幸せにする様子が憎く妬ましかったのではないかと私は感じました。そして、夫を2回も亡くす人生はとても辛かったし、最後まで泣かない彼女もまた母親として懸命に生きていたのでは、と考えさせられる作品でした。

 

また、おとぎ話では王子に一目惚れされるしかないシンデレラですが、この映画ではキット王子がどうしてエラに惹かれるのかという出逢いが描かれていて大人も納得の展開でした。

さらにキット王子が行動的なのもとても良かったです。アニメーションの世界だと王子は意外と受け身ですが、実写では王子自身がエラを探すため、使用人になりすましエラを探します。とても格好良く勇気のある行動が物語のテーマとぴったりでした。

 

映画でエラが着るドレスがどれも華やかで繊細な素敵なものばかりで観ていて楽しかったです。特に、舞踏会に行く為にフェアリー・ゴッドマザーの魔法でブルーのドレスを身にまとう場面はとても美しかったです。肩には蝶の飾りが散りばめられていて、幾重にも重なったブルーのチュールスカートがふわりと舞うシーンはとても圧巻でした。女の子なら誰でも憧れるようなドレスだと思います。

吹替版では、エラ役の高畑充希さんキット王子役の城田優さんの歌声も素晴らしいものでした。耳に心地良く何度でも聴きたくなります。

実写版『シンデレラ』のまとめ

実写版「シンデレラ」は、勇気と優しさ溢れる少女と彼女に惹かれる青年の恋愛映画でした。

シン

王道のハッピーエンドが好きな人におすすめの映画です。

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA