ライトノベル「レイン」著者:吉野匠さんの死因は病気?事故?

Web小説の先駆けを歩んできた『レイン』の著者:吉野匠さんが先日2月20日に死去しました。

Web小説「雨の日に生まれたレイン」で人気を獲得し、アルファポリスによって出版。

現在では「小説家になろう」などのWeb小説投稿サイトが大きく成長できたことには吉野匠さんが開拓してくれたこともあったと思います。

今では普通になっていますが「チート級に強い主人公」という世界を描いたのが吉野匠が先駆けだったと思います。

死因は病気?事故?

事故の可能性

アルファポリスからの【訃報】吉野匠さんご逝去のお知らせの内容によると

このたびの突然の訃報に、編集部もただただ驚き、言葉を失っている状況です。

とのことで突然ということは事故などの可能性もあったのかなとも推測できます。

病気の可能性

吉野匠さん自身のブログでは

吉野匠の「小説を書こう!」

一月に1回ぐらいのペースで更新されていましたが

去年の9月25日のブログ更新で止まっており、この頃からもしかしたら体調を崩されていたのではないでしょうか。

 

メルマガの更新もいつからか途絶えていたとのことで、いつお亡くなりになったのかは公表されましたら追記したいと思います。

まとめ

吉野匠さんは人気小説家ではありますが、プライベートな情報を公開していません。

本当のところは病気なのか、事故なのか公表されていません。

 

吉野匠さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Twitter
SHARE